性行為による感染症

乱れた性行為だけに限らず、性感染症はあなたの身近に潜んでいるのです。

性器ヘルペスの発症とバルトレックスで再発を抑える

性器ヘルペスは、STD(性行為感染症)の一種です。ヘルペスウィルスによって感染する病気で、一度かかるとウィルスを完全になくすことが出来ません。
口にできるヘルペスは口唇ヘルペスと言いますが、これは性器ヘルペスとは違う種類のウィルスによって感染します。しかし、最近ではオーラルセックスによって性器と口が接触して感染が起きることが増えており、性器ヘルペスと口唇ヘルペスの区別は難しくなっています。
性器ヘルペスに感染すると、2日~1週間くらい潜伏した後で性器とその周辺部に水ぶくれを発症します。水ぶくれのほか、痛み、赤み、かゆみ、腫れ、などを伴うこともあります。
水ぶくれが敗れると強い痛みが出て、太ももの付け根のリンパ節にまで痛みが広がることもあります。人によっては、痛みの発症によって歩行困難になってしまうこともあります。
ただし、症状を発症しないケースも7割ほどみられます。知らないうちに他人に感染させてしまう危険性があります。
性器ヘルペスを完全に治すことは出来ませんが、バルトレックスという薬を内服することで潜伏しているヘルペスの増殖を防ぐことが出来ます。バルトレックスはヘルペスウィルスが増えるために必要な酵素(DNAポリメラーゼ)の働きを阻害して、ウィルスが増えられないようにして再発を抑える薬です。
バルトレックスのほかに塗るタイプの薬もありますが、内服タイプのバルトレックスの方が再発防止効果は高いとされています。
性器ヘルペスの感染を予防するには、コンドームの使用が効果的なこともあります。しかし、コンドームに覆われていない部分にウィルスが潜伏していることもあるので、完全に予防できるとは言い切れません。